09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

お隣一家と過ごしたクリスマス

2016.12.29 (Thu)

みなさま

ハチに刺された右手はあれから26時間ほど過ぎた今では随分良くなり、
腫れは刺された中指だけで、手全体に広がっていた赤みも消えましたが、まだ痒みがあります。
でも思ったよりずっと早く良くなって

そう、今日はハチのことより先に書こうと思っていたクリスマスの話です。

以前に少し話しましたが、今年はお隣のジャンーポールとマーグレットからクリスマスの招待があって、有難くお邪魔することにしました。

フランスでクリスマスというのは家族が集まって、24日の夜と25日のお昼に豪華な食事をみんなでいただく・・・
というパターンが多く見られます。
そして25日の朝に、ツリーの下に置かれたプレゼントを皆が開けるのをとても楽しみにしています。

私たちは25日のお昼に招待されました。
彼らの家には、カンペールに住む息子のギョーム一家の5人、そしてパリに住む娘ヴァネッサ一家の4人がクリスマス休暇を過ごしに来ていました。

JPたちのお孫さんたちとは、家に忘れたお皿をみんなで届けに来てくれたことがあったので、一回会っていたのですが、JPとマーグレットの息子と娘さんとは面識がなかったので、みなさんと初めて挨拶をしました。
ドアを開けると、みなさんで温かく出迎えてくれました。

そして挨拶した後には、JPとマーグレットからツリーの下に置かれたプレゼントが配られました。
DSC_2685.jpg


ノノや私たちにも用意してくれて、頂いてしまいました・・・
これは私たちへのプレゼント。美味しいショコラティエのショコラがたくさん入っていました。
そして日本っぽい雰囲気のこの箱は、マーグレットの手作りです。とってもキレイ。
私たちもJPをマーグレット、そしてエレールに、ちょっとしたプレゼントを渡しました。
DSC_0226.jpg


一段落してから、みんなでソファーに座ってアペリティフで美味しいシャンパンを頂きました。(でも2cmぐらいしか飲めない私。。。)
これは本当の写真ではありませんが、こんなカナッペが100個以上ありました。
そして息子さんたちから、「ここに来る前はどこに住んでいたの?」
「日本のどこに住んでいたの?日本に家族はたくさんいるの?」等々聞かれたので、私たちのことをいろいろと話しました。
full_canape-apero-simple_1.jpg


そしてすっかり和気藹々の雰囲気になったアペリティフの後に、テーブルへ移動して食事が始まりました。
ジャジャーーーーン。
海鮮祭り?こんなの見たことないぞぉぉぉぉ!!!
24日の夜に私たちは同じようにエビとカニを食べたのですが、更に豪華&すごい量・・・
DSC_2688.jpg


食べる前に、ハイ、チーズ。
そうそう、子供達6人は隣の部屋で別の食事で、ここは大人だけ。
う~ん、やっぱりフランス。
立っているのが息子さんのギョーム。その2つ隣りが娘さんのヴァネッサ。あとは彼らの奥さん、旦那さん。
DSC_26866.jpg


ノノはお兄ちゃんやお姉ちゃんたちが面倒見てくれてました。
ギョームの末っ子のエレールがノノと同じ年で、何度か遊んだことがあるんです。
この日は子供達だけで外に出て遊んだり、エレールのクリスマスプレゼントのマイクをノノにも貸してくれて、二人で仲良く遊んでいました。
でもこのチビッ子2人はお昼寝なしだったので、夕方には疲れてしまったようでした。(笑)
DSC_0203.jpg


海鮮祭りの続き。(笑)
↑あれでお腹一杯だったしメインだと思っていたのに、な、なんと次にオマール海老が出てきました。
それもソースがJPの手作り。
お腹いっぱいでしたが、それも美味しくいただきました。(笑)
ちなみにオマール海老も24日の夜の我が家の食卓に並んだのですが、まさか2日続けて食べられるなんて、クリスマスと結婚式が続いたようで、次はやっぱり1年後のクリスマスだね。(笑)

その後は2種類の大きなビュッシュ・ド・ノエルが・・・

とにかく楽しいおしゃべりをしながら、美味しくたくさん頂いてきました。
最後のコーヒーまで4時間以上楽しい時間を過ごしてきました。

やっぱりJPとマーグレットの息子さんも娘さんもお孫さんたちも、みんな彼らと同じでとてもとても良い人たちでした。

そうですよね、
こちらでクリスマスは“家族が集まって過ごす、特別でとても大切なイベント”なのに、10ヶ月ほど前に引っ越して来た私たちを誘ってくれるなんて、家族全員が本当に温かい人たちです。
そしてそんな風に私たちを思ってくれている彼らには、感謝の気持ちしかありません。

ノノもエレールが来た時にはこれからも遊ぶことが出来そうだし、パリに住むヴァネッサにも、またバカンスで来た時に会おうね!と言いました。

こんな良い人たちとの出会い。
なんて有難いことなんだろう・・・






「コメントはないけど、今日も来たよ~」と、
どれでも良いので1日1回ポチっとして頂けたらうれしいです。Merci
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ





07:18  |  フランスでの生活  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。